ハーブティーと妊娠

妊娠中のハーブティーの摂り方には、十分な注意が必要です。ハーブティーは、食用植物の葉や茎を利用して抽出したものです。お茶と同じことですが、独特な香りやそれぞれの持つ成分で、リラックス効果や美容効果をも散らすものとして、女性にはとても人気が高い飲み物です。しかし、妊娠中に関しては、妊娠に不都合な成分もふくまれているため、危険なハーブティーも存在しています。好きな香りだから飲みたいと言っても、それで妊娠中のトラブルを引き起こすこともありますから、妊娠中のハーブティーに関しては、飲んでも良いというものだけを選んで楽しむようにしてください。妊娠中に飲んでは行けないハーブティーのほとんどが、カフェインを含んでいるものです。カフェインは、ハーブティーだけではなく、お茶やコーヒーにもふくまれていて、やはり妊娠中にはあまり飲まないほうが良い飲み物とされています。とても気分が良くなるハーブティーですが、こういったカフェインが入っているものは避けるようにしてください。もちろんノンカフェインのハーブティーも豊富にありますから、妊娠中はそちらの方を飲むようにすると良いでしょう。ただ、日頃からハーブティーを愛飲されている方にとっては、妊娠中だからこそリラクゼーションのためのハーブティーがなくては体調管理もうまくできないという方もいることでしょう。そういった方には、妊婦専用のハーブティーを扱っているネットショップなどで相談されると良いかもしれません。ピッタリのハーブティーが見つかる可能性が高いでしょう。


ハーブティーと妊娠

悪影響のハーブティー

妊娠中に飲まないほうが良いハーブティーの中で、多く聞かれるのが、ラスベリーリーフやセントジョーンズワートなどです。ラスベリーリーフは、分娩を促進するとされています。妊娠後期なら、分娩が楽になったという声も聞かれますが、妊娠初期や中期に関しては、口にしないことが絶対のようです。厳密にいう・・・

ハーブティーは薬?

妊娠中に飲まないほうが良いハーブティーは、かなりの種類にのぼります。カフェインが入っているものはもちろんですが、医薬品としての効果があるもの、子宮などにアプローチするものに関しては、母子の健康に危険が及ぶものもあります。日本では、ハーブティーはサプリメント的な効能でしかないのですが、ヨー・・・

マタニティ用は安心

ハーブティーは薬の役割があったり、カフェインが入っていたりするため、妊娠中には飲めないものと思いがちですが、それとは反対に、妊娠中にオススメのハーブティーもあります。それは、マタニティ用にアレンジされたものです。国内でも、ハーブティーを愛飲されている方の数は増加しています。その中で、あえ・・・